Melody Maker Blog

企画制作プロダクションMelody Makerと、カフェMelody Maker(未オープン)のブログです。

街のレコーディングスタジオはじめました。

 Melody Makerでは今年から、溝の口にあるとあるプライベートスタジオの空き時間の活用促進をしていくことになりました。そのため、音源制作の仕事を今後は積極的にお請けしていこう、という方針と共に、一般のかた向けのレコーディングを行っていこう、という方針を立てました。街の写真館的な位置付けで、街の録音館みたいなことをしてみよう、ということです。そうした需要があるのではないか、という発想のほか、ふつうの家族写真のような、ふつうの人のある日の歌を、魅力的に録ってみたい、という思いがきっかけです。普段レコーディングをされないかたにも、ご利用しやすいレコーディングのメニューを作成しました。普段レコーディングされるかたにもお得なメニューになっています。ぜひご覧の上、ご利用ご検討くださいませ。
 Melody Maker スタジオご案内
 スタジオのスタッフでも、歌を録音してみました。スタジオのデモ音源として、お聴きいただけましたら幸いです。
 Melody Maker Laboratory <研究発表>

 2014.5.31 越智灯子

MMLab1 「春のコート」 (2014年5月制作)

 Melody Makerスタッフによる自由研究プロジェクトの第1作目の楽曲です。


春のコート/Melody Maker Laboratory by melody_maker on SoundCloud - Hear the world’s sounds

words, music:唐川真
arrangement:村カワ基成*

piano:平畑徹也*
bass:関美彦*
guitar, programming:村カワ基成*
vocal:越智灯子

mixing, mastering:唐川真
*guest musicians

 記念すべき1曲目として、珠玉のお友達ミュージシャンのみなさまにアレンジ、演奏でご参加いただきました。ご愛聴いただけましたらうれしいです。

 

歌詞解説(語り起こし・セルフライナー)

 「雨は季節を変え またひとつ失ってく」というのは、「一雨ごとに」という慣用句があって、それは「寒くなる」なのだけど、暖かくなる、というように僕は応用して、しかし、その言い回し自体は出さずに表現しようと思って描いた歌詞だった。日本人的な阿吽の呼吸、というか、みなまで言わずともわかるやろ、という美学を応用して、その先の共感を求めたの。
 春ってコートをいつ脱いだらいいのかわからないじゃん。暖かくなると脱ぎたくなるけど、着ていたときの適度な重さとか守られてる安心感ってすごくいいじゃない? だから暖かくなって嬉しいけど、脱ぐのはちょっと寂しい、というような感覚を、人間関係の別れに準えたんだよ。暖かく包んで守ってくれる彼氏や環境、学校とかサークルでもいい。そういうのはありがたい。でも卒業していかなきゃいけない、寂しいけど、でも脱がなきゃいけない、春だから。という歌詞なんだな。その脱いだコート、来年はもう着ないかもしれない、型落ちとかさ、自分の体型変わるとか笑、そうすると、これが最後になるわけだ。春前に雨が降ると、そんな切なさを毎年思う。
 サビの「私の中にあったあなたという傷」というのは、惹かれる相手の中に見る魅力というのは、自分自身の弱点なんだ、っていうことなのね。自分の弱い部分に惹かれてく、それが好きになるってことだ、と。それが癒えて消えていく、という歌詞。だからコートを脱いでももう大丈夫だから、っていうこと。
 いつまでも、いつまでも、それを抱きしめて生きてくっていうのは、ちょっと演歌っぽくしたのね。そういうプリミティブな歌詞があったほうがグッと来るって思ったんだな。プリミティブっていうのは、結局どんなかっこつけた人でも、そこは感情入るんだな、っていうのが判ったことだった。これは「いい」お約束なのだ。そこの部分で、全員が一体になれる、というか。
 名曲だよね。これは本当にそう思う。でしょ?笑 (唐川真・談)

Melody Maker Laboratory <研究発表>

 Melody Maker Laboratory(メロディメイカーラボラトリ)は、Melody Makerスタッフによる自由研究プロジェクトです。楽曲研究、楽曲制作を中心に行い、発表していく予定です。
 発表した楽曲は、Melody Makerのデモ音源、イメージソングとしてお親しみいただけましたら幸いです。

MMLab1 「春のコート」 (2014年5月制作)

おたのしみコンテンツ

 制作したプロダクトのうち、ウェブ上でおたのしみいただけるものまとめページです。[作成中]

制作物インデックス

 制作したプロダクトの紹介のトップページです。[作成中]

書籍・雑誌
ウェブ
音楽
その他

■制作年別
 □2013年 □2012年 □2011年 □2010年
 □2009年 □2008年 □2007年 □2006年
 □2005年以前

アイドル・歌謡曲関連
おたのしみ

Melody Maker カフェ情報

開店情報

 開店予定は現在ありません。


営業時間

 月~木:11:00~19:00
 金土日:11:00~23:00

 ※不定休です。開店情報をご確認ください。
 ※ご予約・ご来店で営業時間は延長できる場合があります。


ご予約・お問い合わせ

 mokomoko.chiffon@Gメールまでお願いします。

Melody Maker スタジオ案内

 楽曲、音響コンテンツの制作を行っているマスタリングスタジオ(溝の口駅徒歩11分)の紹介です。

 制作時間外に、お持ち込み楽器・楽曲によるレコーディング、ミキシング・マスタリングを承ります。プロユースの高品質な制作が安価で行えます。カラオケ、デモ音源からお気軽にご利用ください。

機材リスト
ミキサー MACKIE DESIGHNS CR-1604
パワーアンプ YAMAHA PROFESSIONAL SERIES P2050
インターフェイス RME Fireface UC、MOTU 2408 MKⅡ(G4)
コンプレッサー dbx 160A
レコーダー TASCAM DA-20MKⅡ、TASCAM CD-RW700
モニタスピーカ YAMAHA NS-10M
モニタヘッドフォン SONY MDR-CD900ST
ヘッドフォンアンプ behringer Micro AMP HA400
コンデンサーマイク RODE NT2000、APOGEE MiC 96k
ポップガード STEDMAN PROSCREEN 101
マイクスタンド SE ELECTRONICS Mic Stand S1
DAW Mac Pro MC561J/A・Logic Pro 8
PPC QS 2002・Digital Performer 3
その他 CASIO Privia PX-110(ピアノ)、

 音大生向けに造成された防音マンションの一室に、業界定番の名機を設置しています。専業音楽家にも「非常に音の良いスタジオ」と好評です。


レコーディングご利用料金(エンジニア付)
  平日
10:00~18:00
土休日
10:00~18:00
平日・土休日
18:00~21:00
1時間 5500円 6500円
3時間 16500円
ミキシング・マスタリングご利用料金
  ミキシング マスタリング ミキシング+マスタリング
基本料金(1曲) 18000円 8000円 25000円
作業立ち会い +8000円 +3000円 +10000円
翌日仕上げ +5000円 無料 +5000円

 ミキシング・マスタリングに自信あります。ぜひご利用ください。ミキシング・マスタリングのみのご依頼も承っております。複数曲のご依頼はプランを作成いたします。

ご予約・お問い合わせ

 mokomoko.chiffon@Gメールまでお願いします。

関連ページ

■エンジニア紹介[作成中]
■楽曲・音源制作のご依頼はこちらから[作成中]
Melody Maker Laboratory <研究発表>

Melody Maker 事務所概要

■所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-18-16
■FAX :03-3453-5827


事業内容:
 □雑誌・ムック・書籍など出版物の企画・編集・制作
 □パンフレット・カタログなどSPツールの編集・制作
 □企業サイト・ポータルサイトなどのウェブコンテンツディレクション・制作
 □楽曲・音声コンテンツ・CDパッケージなどのサウンドコンテンツの企画・制作
 □イベントなどその他コンテンツの企画・制作
 □上記に付帯する事務・管理・研究業務

■主要取引先:
 株式会社宝島社
 株式会社扶桑社
 株式会社サイゾー
 株式会社学習研究社
 株式会社日之出出版
 株式会社アスペクト
 株式会社ロフトプロジェクト

Melody Makerについて

Melody Makerは2006年より操業しているコンテンツ制作プロダクションです。
約7年間、代表越智の個人事務所として法人向けに機能してきました。

2015年頃より、個人向け店舗経営・音源制作などを開始することを目標とし
2013年10月、ウェブサイトを開設いたしました。
しばらくは過去制作物の掲載などの地味な更新になると思いますが
ご覧いただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

2013.10.31 越智灯子